月別アーカイブ: 2015年10月

ムダ毛とマザコン少年Kの思い出

ムダ毛……そのいまいましい存在を初めて意識したのは忘れもしない、小学校三年生の夏でした。

学校で水泳の時間に、当時は細かった腕と足で体育座りを作り、プールサイドに座っていた時のこと。私の隣に座っていた男子が「お前、毛、濃ゆいな」と言ったのです。続けて、「見苦しいから剃れよ、みっともない」と。

そんなに仲良くもない女子に「お前、毛、濃ゆいな、見苦しい」と発言してしまうデリカシーの無さを今では突っ込みたくなるところでしたが、当時の私にとっては衝撃的な出来事でした。

11
しかしその男子が続けた言葉は私に更なる衝撃をもたらしました。

彼は誇らしげに「俺は母さんに剃ってもらってるぞ」と言ったのです。

二次性徴は兆しも見えないお年頃に、まだ産毛の腕足の毛の密度について突っ込まれ、見苦しいとまで批判を浴びたのです。

そうか、うでとあしにはえている毛はお母さんにそってもらうのか。

新しい常識を手に入れた私は、帰宅後さっそく母にプールサイドでの出来事を報告しました。

私「お母さん、腕と足の毛を剃って欲しいの」

母「え、どうして? あんたはまだ小さいから、そんな必要ないよ」

私「でも今日、クラスの男の子に毛が濃くて見苦しいって言われたの。その男の子はお母さんが毛を剃ってくれるんだって」

母「……それはね、男の子の方がおかしいと思うよ」

そして母は、「あんたはアトピーがあって肌も弱いんだし、まだ小さいから剃らなくても大丈夫だよ。もう少しお姉さんになって自分で剃れるようになったら剃刀を買おうね」と言って、その話は終わりました。

当時は母が言った「男の子の方がおかしい」という言葉の意味がわからなかったのですが、今ならその男の子の異様さがわかります。うん、確かにそれは「男の子の方がおかしい」と私も思う。

彼は、母親にムダ毛の処理をしてもらえるほど溺愛され、それを甘んじで受け入れるマザコン少年だったのだ。そんな彼も去年5歳年下の女の子と出来ちゃった結婚をしたとFacebookで知った。

彼の奥さんも、生まれた子供のムダ毛を剃ってあげるのだろうか。

美容を考えてヘアケアを大事にしてます

10美容といえば真っ先にダイエットやスキンケアを連想する人が多いですが、意外と怠ってしまいがちなことといえば、こまめな髪や地肌などのメンテナンスです。

髪が傷んでしまっていたり、上手くセットできてなかったりしてまとまりない状態だと、どうしても生活感がにじみ出たり、清潔感無く垢抜けない印象になってしまうことが多いので、美容のため私はヘアケアをとても大切にしてます。

今まではドラッグストアなどで特売されているような安いシャンプーやリンスしか使ったことがなかったのですが、二年ほど前から髪のためにヘアサロン専売品の質の良いシャンプーを使い始めました。

自分の髪質にピッタリ合うシャンプーを美容師に選んでもらったおかげか、以前より髪がしなやかにまとまりやすくなったり、枝毛が減ってきたので、シャンプー選びを工夫して良かったなと思ってます。

また、髪のためずっと続けている習慣は、洗い流さないトリートメントをドライヤーの前に付けることです。

ヘアオイルや洗い流さないトリートメント剤を、毛先を重点的に適度に髪になじませてあげると、毛先のぱさつきや傷みも防げますし、髪の艶もアップするのでとてもおすすめです。

女性にとって髪は命とも言われるくらい大事な存在ですが、最近は薄毛予防のため頭皮マッサージを意識することも増えました。

女性でも薄毛に悩む人は多いですが、適度に地肌をマッサージしてコリや緊張をほぐしてあげたり、血行を良くすると薄毛を防げるようです。

美容のためにも、いつまでも綺麗な髪をキープしたいので、最近は頭皮マッサージにこだわってます。

ミュゼプラチナムで100円脱毛体験

5この夏はm、つるつるのワキで快適に過ごすことが出来ました。それもこれも、ミュゼプラチナムで100円脱毛をしたおかげです。

100円なんて、シェーバーを購入するより安くて手頃です。そんな夢のような脱毛が本当にありました。

たまたま電車の中吊り広告で100円で脱毛し放題という記事を見つけて、早速web予約。予約も簡単スピーディーにスマフォで完結することができました。

しかも、サロンの場所が、職場のすぐ近く。昼休みの空き時間を利用して予約をしました。

初回は40分程度でアンケートや脱毛についてを教えてもらいました。初回は、他の部位に関する営業は全くありませんでした。

2回目以降から実際に施術開始です。施術にかかる時間は20分程度。職場近くなので、空き時間を有効に使用することができたので助かりました。

2回目以降から、少しずつ営業が始まりましたが、しつこくないので、簡単にかわせました。

サロンスタッフの雰囲気も良く、適度に親身になってくれる感じが良かったです。

あまり親密になりすぎると、営業や勧誘で断りづらくなりますから・・。

脱毛は3回ほどで終了しましたが、もし万一また生えてくるようなことがあったら、満足できるまで100円なので、再度通う予定です。

ワキもつるつるになり、施術中は痛みもな、今のところ、仕上がりに、かなり満足をしています。

ワキとVラインがセットで100円だったので、Vラインも綺麗になっちゃいました。本当にお得でした!

私がいま住んでいる町田にもそれこそたくさんの脱毛サロンがあるようです。
今回はこのサイトをみて、どこにするか決めました。

脱毛町田口コミランキングなび

もし、私のように町田で脱毛が気になる人がいたらぜひ見てみてくださいね。

気になるムダ毛について

女性、年頃の女の子が気になるのがムダ毛です。私自身も中学生の頃からファッションに興味を持ち、同時にムダ毛が気になるようになりました。

ファッション、美容に興味を持ち、露出が多くなる夏は特にムダ毛の存在が気になり、嫌になります。

自分が男性だったら、ムダ毛を気にすることなくファッションを楽しむことができるのに…と思うこともあります。

仕事をしている時など普段は気にならないムダ毛でも休日の友達と会うとき、彼とのデートを翌日に控えると必死にムダ毛の処理をするのが女性です。

1体質がら毛が濃いという人は特に気になり、処理も怠ることはなく小まめにムダ毛の処理をするのではないかと思います。

もともと毛が薄い人、男性が羨ましくなることも多々あります。

ムダ毛は女性ならではの悩みの種だと思います。

今ではエステ等で脱毛する人も増えてきています。私も以前は脱毛するためにエステに通っていました。

最初は綺麗になろうと足繁く通っていたものの、段々とムダ毛が薄くなり、本数も少なくなると自分でムダ毛の処理が楽になり、通うのも面倒になってしまいます。

お金もかかり通うのをやめてしまう人もいるかと思います。

かといってカミソリでの処理は肌を傷つけてしまいます。

ムダ毛があることはそれなりの必要性や意味があるものだと思いますが女性にとってはただのムダな毛としか思えないのが事実です。

ファッション、美容に関して常に意識している女性にとってはムダ毛は永遠のテーマなのかもしれません。

おばさん体形にならないように気をつけています。

7私は普段パンツを履くことが多いので、毎日のウエストの太さはどうしても気になってしまいます。

体重とはあまり関係がないのかもしれませんが、それでも少しウエストが細くなると、「痩せたかな」と思ってしまいます。

また、夜寝ている間でも、脇腹を掴んで、太さを確認することがあります。

私の場合、太る時も痩せる時もウエストから来ることが多いので、ここの太さを一つのバロメーターにしています。

運動を腹筋が付いてくると、自然にウエストも引き締まってきます。

そのため、実際の体重はあまり変わりがなくてもウエストが細くなることがあります。

補正下着ではないのですが、ピッタリとしたレギンスなどを履くと、ウエストからお尻当たりが引き締まって、少し細くなったような気がします。

ウエストは気にしなくなると、どんどん緩んでくるらしいです。

確かに最近はまったく履きませんが、ゴム入りの服やウエストが無い服を着ていると、ウエストを気にする必要がないので、どんどん大きくなっていくような気がします。

年齢を重ねると女性もお腹周りが太くなってしまいます。

見た目もおばさん体形になってしまうと、おしゃれも楽しめなくなってきますし、自分が一番嫌な気分になってしまいます。

私は若い時にかなりいろいろなダイエットを失敗してきたので、今では極力太らないように気を付けています。

これからもウエストをバロメーターとして、体形維持を行っていこうと思っています。