おばさん体形にならないように気をつけています。

7私は普段パンツを履くことが多いので、毎日のウエストの太さはどうしても気になってしまいます。

体重とはあまり関係がないのかもしれませんが、それでも少しウエストが細くなると、「痩せたかな」と思ってしまいます。

また、夜寝ている間でも、脇腹を掴んで、太さを確認することがあります。

私の場合、太る時も痩せる時もウエストから来ることが多いので、ここの太さを一つのバロメーターにしています。

運動を腹筋が付いてくると、自然にウエストも引き締まってきます。

そのため、実際の体重はあまり変わりがなくてもウエストが細くなることがあります。

補正下着ではないのですが、ピッタリとしたレギンスなどを履くと、ウエストからお尻当たりが引き締まって、少し細くなったような気がします。

ウエストは気にしなくなると、どんどん緩んでくるらしいです。

確かに最近はまったく履きませんが、ゴム入りの服やウエストが無い服を着ていると、ウエストを気にする必要がないので、どんどん大きくなっていくような気がします。

年齢を重ねると女性もお腹周りが太くなってしまいます。

見た目もおばさん体形になってしまうと、おしゃれも楽しめなくなってきますし、自分が一番嫌な気分になってしまいます。

私は若い時にかなりいろいろなダイエットを失敗してきたので、今では極力太らないように気を付けています。

これからもウエストをバロメーターとして、体形維持を行っていこうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です